読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

What's your Happy?

高身長ゆるい系ミニマリストが発信する日々の想いや旅、幸せとは?を追究するブログ

「あなた」と「わたし」の境界線は?の話とミニマリストに共通する考え方

f:id:hikky-mental:20160603105914j:plain

 

まずはこちらの記事を見てほしい。

gigazine.net

どこまでが「あなた」でどこからが「わたし」なのかを考えさせられる。

 

以前紹介した本

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

whats-your-happy.hateblo.jp

 この本の中にも同じようなことが書かれている。

宇宙の中に鏡がひとつあるだけの空間。そこに映るのが「わたし」

 

上記ムービーの後半にも同じような絵がある。

f:id:hikky-mental:20160603110514p:plain

 

つまりいろんな人が宇宙とは「わたし」であることに気づいているということ。ではないだろうか。

「あなた」と「わたし」の境界線などなく、全てが「わたし」でもあり、「あなた」でもある。

 

この考え方はミニマリストの考え方にも似ている点がある。

冷蔵庫を持たない。スーパーを冷蔵庫と考える。

風呂を持たない。銭湯がある。

プリンターを持たない。コンビニにある。

whats-your-happy.hateblo.jp

 現代ではシェアビジネスが広まり、もはや住む場所ですらシェアができるし、

無料で泊まれるカウチサーフィンや労働をすることで食住付きのホステルやウーフーなど様々なサービスがあり、もはや所有という概念すらなくなりつつある。

 

全ては「わたし」の物でもあり「あなた」の物でもある。

海外では家でも土足のため家と外との境界線の意識が日本に比べると低いらしい。

どこまでも他人と共有する考え方は

南国Fijiの「ケレケレ」という文化、古き良き日本の文化に非常に似てる。

 

全てのものが「わたし」の物でもあるから全てを大切にできる。

 

境界線を作らない。すべてに愛を。

これが本来の生き方のような気がする。

 

 

またこんな記事も書いていきます。